スポンサーサイト

「湯の川プリンスホテル渚亭」part2お部屋に露天風呂が付いている!<お風呂・朝食編>

pホテル・温泉
スポンサーサイト
前回の「湯の川プリンスホテル渚亭」の温泉露天風呂付き部屋に「はこだて割」で宿泊してみました<お部屋と夕食編>に引き続き、<お風呂・朝食編>でーす!

お部屋・夕食編はこちら⬇️

「湯の川プリンスホテル渚亭」part1☆お部屋に露天風呂が付いている!<お部屋と夕食編>
先日、はこだて割での宿泊予約が開始された『湯の川プリンスホテル渚亭』さんに予約を入れてみました。以前から泊まってみたいと思っていた『温泉露天風呂付き部屋』でゆっくりまったり過ごすぞ~❗️とゆーわけで、友だち...

さて今回は、渚亭さんのお風呂♨の紹介から。

大浴場の女性用は2階でした。お風呂写真は撮れないので、ホテルの公式サイトから写真をお借りしました。

大浴場は、脱衣所から露天風呂まで細長~い形をしてます。

洗うスペースも入れると、かなりの広さです!!

露天風呂で立ち上がると、バッチリ砂浜から見られますw なので、露天風呂内での移動は、蟹歩きでございます😆

塩分強めのお湯はお肌つるつるなりまーす✨

なんと、渚亭さんのお風呂は源泉100%の差し水をしていない温泉なんだそーです❗️

サウナもあって、最高のお風呂でした~✨✨

大浴場は1日目に入り、2日目の朝はお部屋にある露天風呂に入りましたょ。

こちらがお部屋についている露天風呂

お部屋を一歩も出ずに、海を見ながら露天♨に入れるのは最高‼️

シャワーの水圧がガンガン強いのも最高‼️w

水圧の弱いシャワーって最悪ですよね⤵️ 今までの人生で一番水圧の弱かったシャワーは、ラスベガスのホテルの部屋のシャワー。あまりの水圧の弱さに、シャンプーを洗い流すのに普段の2倍の時間が掛かりました。フロントに電話して文句を言うと、ハイハイ~と全然相手にしてくれなくて、「ここは砂漠の真ん中にあるんだから仕方ないね~」みたいなこと言われて、あーなるほどねーと思いました。

って!思い出したエピソードが長すぎたゼ‼️😆

話を戻そう。渚亭さん、こちら⬇️のプレートが大浴場にもあったんですが、海の向こうに見えるのは青森だそうです。

とにかくお風呂は、湯の川温泉の中でもなかなかの素晴らしさでござるよ♫

さて、次は朝食のご紹介です‼️

朝食も、夕食と同じ2階の『渚』が会場です。

相変わらずの広々とした会場で、密になる心配は一切ナシです。

パンの種類がいろいろありました
ブリカツバーガー
ロールキャベツ
焼き魚
ぶりのヅケやマグロなど

朝からお刺身やヅケがありまーす。

小鉢いろいろ
から揚げと目玉焼き
玉子焼きや旨煮
たらこや塩辛など
朝からスイーツ類もたっぷり
朝はジュースに加えて牛乳もありました

他にもいろいろありましたが、私の朝食はこのようになりました!

ご飯は少なめによそって、アラレ・ゴマ・お新香をトッピング。

イクラやお刺身もいろいろ持ってきました!

お刺身やヅケを頂きつつ。。

ごはんにイクラをどどーん❗️

あとは、おかずをパクパク。。

その後は、サラダとヨーグルト、デザート&コーヒーを頂きました。

サラダの横にあるのはカタラーナ。すごく美味しくてお代わりしました♪

朝食もお腹いっぱい頂きました‼️

朝起きてすぐにお部屋の露天風呂に入ったんですが、朝食を食べてから11時のチェックアウトまで時間があったので、そこでもう一度入りました~♨😊

さてさて、そんなこんなの一泊二日。

いよいよ、お会計~✨

自動精算機

お会計は、フロント前の自動精算機で。

お部屋のカードキーを入れると金額が出てくるので、あとは現金かカードで精算です。

今回は、露天風呂付き海側の客室を2名利用。
通常1人19,800円のところ、はこだて割で半額になりました。
それに夕食時に飲んだビール代がプラスされて、1人10,670円でした。
美味しいものをお腹いっぱい食べて、お部屋の露天温泉に入り放題!サイコー!湯の川プリンスホテル渚亭さん、最高のお宿でした!

函館 湯の川温泉湯の川プリンスホテル渚亭(なぎさてい)

〒042-0932 北海道函館市湯川町1丁目2番25号

ご予約専用ダイヤル 0138-57-3911 

(受付時間:10:00~13:00/14:00~19:00  日曜・月曜定休日)
夜間緊急時フロント直通番号 0138-84-5036

※渚亭さんは修学旅行生を受け入れておりません

楽天トラベルからの予約ならこちら↓

タイトルとURLをコピーしました