スポンサーサイト

「蕎麦酒彩 吉兆庵」昼は手頃にランチ、夜は天婦羅や焼き物でサクッと飲めるお蕎麦屋さん

函館のランチ
スポンサーサイト

この日のお昼は、たまたまお昼時に通り掛かったこちらのお店。

赤川の蕎麦店「蕎麦酒彩 吉兆庵」さんです。

場所はこちら↓

https://goo.gl/maps/JG5me3UPNv28Yb8F7

駐車場はお店の前にあります。

お昼時の蕎麦店は回転が早いので、満車状態でずっと停められないってことは少ないようです。

この日もすでに店内は込み合っていました。

たまたまお客様が居なかったゾーンだけパチリ。小上がり席もあります。

さて、メニューです↓

もり・かけが550円。イカ天が乗ったイカ天おろしや温かい天ぷらそばも1000円とリーズナブルな価格設定です。

今時期のおすすめは、うな丼ランチ!

定食や丼ランチも1000円前後のものが多いですね。

こちらのお店は夜も営業しているので、居酒屋メニューも充実しています↓

天婦羅とたこキムチをつまみに軽く飲んで、〆にお蕎麦とかいいな~!

いか天ざるや海老天ざるは他店でも見たことがあるけど【ホタテ天ざる】は見たことないって思ったので、ホタテ天ざるを注文してみました。

蕎麦店らしく、あまり待たずに来ましたー!

ホタテ天ざる 1450円

ホタテの天ぷらが4個とシイタケ天ぷらも乗っていました。

けっこう大きめのホタテです!

お蕎麦はクセがなく子どもからお年寄りまで食べやすい、更科のお蕎麦です。

茶碗蒸しがついているのも、ポイント高し!

ここの茶碗蒸しは、ちょっと甘めの味付けで、大きめの栗の甘露煮が入っているので、子どもが喜びそう。

茶碗蒸しに入っている栗の甘露煮、子どもの時はいつも最後まで残して、食事の一番最後に食べてました。典型的な【好きなものを最後に食べるタイプ】の子どもだったんです。

まだ小学校に上がる前の年だったある日、食卓に茶碗蒸しが並びました。いつも通り、茶わん蒸しの栗だけを残していた私。すると父親がふざけて、残してあった私の栗をパクっと食べちゃったんです。すごいショックだった私は泣いて怒って、父親は大慌て! 謝りながら、自分の茶碗蒸しの栗を私の器に入れてくれたのですが「それとは違う!さっきの残してたのじゃなきゃイヤだ!」と断固拒否!😡 それから3日ほども口を聞いてくれなかったと、のちに父親が語ってましたw 我ながら、なんとまぁワガママむすめかしら。父親を亡くした今は、『そんなことで怒ってごめんね、お父さん・・』と思うのでした。でも、茶碗蒸しを食べる度に父を思い出してるので、天国で父は『よしよし😄』とほくそ笑んでる気もしますけどねw
私にとって茶碗蒸しは思い出の味

話が盛大に逸れましたが、「蕎麦酒彩 吉兆庵」さんは、昼も夜も手軽に入れてメニューも豊富な利用しやすいお店です♪

「蕎麦酒彩 吉兆庵」
函館市赤川1丁目24-2
TEL:0138-47-6151
営業時間11:30~20:30

タイトルとURLをコピーしました